ヒト・メタニューモウイルス感染症

最近、保育園などに通っている子供の親御さんは、このやや耳慣れないウイルスをよく聞くのではないでしょうか。

確かにこの1か月ほど、RSウイルス(RSV)とともに流行が見られます。気管支喘息発作を起こしやすい代表のウイルスです。RSVとよく似ており、気管支炎、肺炎、喘息製気管支炎をおこしますが、RSVほど分泌物が多くない印象あります。RSVについては、昨年ブログに書いたのでご参照ください、また昨年同様RSVも季節外れの流行が見られています。

ヒト・メタニューモウイルス(human metapneumovirus:hMPV)感染症の臨床診断は喘息性気管支炎や細気管支炎(41%)が最も多く、その他気管支炎(24%)肺炎(23%)上気道炎(11%)です。症状は発熱(高熱)、咳嗽、鼻汁が90%以上で見られ、その他呼吸困難、嘔吐、下痢、頭痛などがみられます。潜伏期は4~6日、発熱期間は平均5日と長く、1週間以上続くときは中耳炎、肺炎などの細菌感染の合併を疑います。臨床症状だけでRSウイルスと鑑別するのは困難で、インフルエンザのような高熱とRSVのような呼吸症状が一緒になったと考えると理解しやすいです。

以前から喘息発作を起こしやすいウイルスとして知られ、hMPV感染症患者の中には、気管支喘息の増悪患児が10~15%存在すると言われます。流行時期は3~6月で、梅雨の時期に喘息が多いと昔言われていたのは、このウイルスが流行る時期であったからだという話があります。

RSVは1歳以下に感染多く、抗原迅速診断は1歳以下が保険適応です。hMPVは5歳以下が保険適応で、紛らわしいウイルスですので、一つのキットで検査できるものもあります。目黒では時季外れのRSとhMPが混在して流行しています。熱中症予防のためマスクを外すようになったことも関係しているのでしょうか。

呼吸状態に注意してみていくようにしましょう。

 

 

日本脳炎 

日本脳炎

日本脳炎は重症の脳炎を起こし、無くなる方もあれば最重度の障害を残す方もある一方、無症状の方もあると言われています。免疫力の低い乳幼児については、やはり心配です。やはり暑い地方が心配ですから、西日本の方では、1歳から接種する県もあります。長崎にいるときは、日本脳炎後遺症の女児を受け持っていました。非常に重度な痙直型四肢麻痺と緊張亢進。関節は拘縮し、度々肺炎を起こしました。意思の表出は難しく、家族ならやり取りが表情や視線でわかりました。夏の間、豚にいるウイルスをアカイエカという蚊が媒介します。だから心配なのは夏、豚がいる地域に近い方々です。ワクチンを打つ時期は、蚊が出回る夏に向けて5,6月などの初夏に打つことが良いとされていました。今ワクチンが無くても慌てずに、供給を待ちましょう。

10年ほど前、日本脳炎ワクチンの3期(中学生)の接種で、呼吸中枢を司る脳幹部に、亜急性散在性脳脊髄炎が合併し、一時的にワクチン接種が中断されました。その後ワクチンの改良が行われ、9歳が最後の接種となりました。

アカイエカは、あの、良く出会う脚が白黒の蚊ではありません。蚊をみて過剰に心配する必要はありません。

おたふくかぜ

おたふくかぜについて ~ワクチン接種を忘れずに~

 

おたふくかぜ=流行性耳下腺炎=ムンプス

日本ではいまだにワクチンは、補助があっても、1回のみです。

おたふくかぜは、Mumpus virusが主に耳下腺、顎下腺(唾液を作るところです)に感染し、急速な耳下腺腫脹、発熱で感染し、48時間以上持続する耳下腺腫脹が特徴です。年齢が高くなるほど症状は強くでます。症状が現れる顕性感染は全年齢で70%ですが、4歳超えると90%に症状が現れます。一番多い合併症となるのは髄膜炎で、何と罹患者の半分には髄液の細胞数増多を認めます。頭痛、嘔吐、項部硬直などの髄膜炎症状を認めるものは3~10%とされています。ウイルスですので、抗生物質は効果ありません。発熱、疼痛をとる解熱鎮痛剤の投与のみです。冷えピタを貼る方が時々いらっしゃいますが、あれは刺激物でひんやりするだけで、血流が増えるため、もっと腫れてしまいます。

 

臨床的には、一番問題となる合併症は一側性の高度難聴で、0.27%に合併します。その後、2018年の報告で、日本では少なくとも2年間に359人ものムンプス難聴が発生していたそうです。ステロイド治療をしてもほぼ回復しません。片側が完全に失聴しますが、学校検診などで気づかれる事もあります。耳鼻科医の頃は、医師がお母さんに「おそらくおたふくかぜの後遺症でしょう。聴力が回復することはありません。」と告げると、お母さんが外来で泣き崩れるという事を何度か経験しました。ちなみに私の妹も、この後遺症があり、真横で話される事は聞こえないようです。

他の合併症は、髄膜炎がよく見られます。また、思春期近い男児は精巣炎をおこし、不妊の原因になると言われていましたが、多くは一側性(25%)であり、両側性の精巣炎は10%におきます。(妊孕性に問題はありません。思春期以降の女性では卵巣炎(5%)乳腺炎(15~30%)を起こすと言われます。

おたふくかぜは、非常に経過が様々です。左右の耳下腺、顎下腺が順々に腫れて、2週間ぐらい症状が続く方もあれば、耳下腺の腫脹がはっきりせず、ウイルス性髄膜炎で入院して、後から血清学的におたふくであったとわかることもあります。以前、学校保健法では、耳下腺の腫脹が消失するまで登校不可でしたから、10日くらいお母さんが仕事に行けないこともありました。2012年に改訂された学校保健法では「学校保健安全法施行規則第19条は「耳下腺,顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し,かつ,全身状態が良好」であれば登校可能となりました。

 

欧米ではMR(Measles Mumps Rubella)ワクチンが主流であり、わが国も1988年に導入されましたが、髄膜炎の合併が報告され、日本では1993年以降、定期接種は中止されています。その後のデータにより、0.04%に髄膜炎を起こすリスクがあることが分かりました。

ワクチン1回接種では10~20パーセントの方はかかる可能性があり、2回接種が推奨されています。2回目は自費になってしまいますが、MRワクチンと一緒に就学前に2回目の接種がおすすめです。日本もはやくMMRワクチンが導入されると良いですね。

 

 

RSウイルス性細気管支炎

目黒区でRSウイルスが大流行しています。例年、冬の初めに流行が多いウイルスですが、実は検査ができてみると、一年中ウイルスはいることがわかっていました。昨年度はコロナで感染対策が徹底されたことや、集団生活が少なかったことから、RSウイルスはもちろん、インフルエンザも全く流行しない異例の年でした。

乳児は症状が悪化します。月齢が低いほど注意が必要です。年齢が上がると、ちょっと鼻水や咳が多いくらいで、発熱もなく普通の風邪として経過します。ですから、検査の保険適応は1歳未満で、登園停止基準もありません。

RSウイルスの臨床的な特徴は、水様性鼻汁が多量だな、と思っていたら、2,3日後に激しい痰がらみの咳、発熱(38度台後半くらい)、喘鳴(外からもぜいぜい聞こえる)陥没呼吸(胸がぺこぺこ)せき込み嘔吐(激しくせき込んで分泌物とともに食べたものやミルクを嘔吐します)分泌物(鼻水、痰)が非常に多く、気管支のさらに狭いところに炎症を起こし、月齢が低いと痰が詰まって無気肺や肺炎を起こしやすい、最も入院加療を要しやすいウイルスといえるでしょう。

喘息の体質のある児は、喘息発作を起こしやすいウイルスです。

毎年かかるウイルスで大人もかかります。ですから、お母さんもかかるし、新生児からかかってしまいます。乳児、年齢の低い児ほど、無気肺など起こしやすく、呼吸状態のこまめな観察が必要です。

入院しても、対症療法しかありません。特効薬はありません。点滴で水分、電解質、糖分を補い、加湿と酸素と気管支拡張剤の持続吸入を行います。

入院の目安は、①呼吸状態が悪い せき込んで寝付けない(寝ていて起きるのは仕方ないです)陥没呼吸がひどい(胸がペコペコへこみます)呼吸数が多い、酸素飽和度が95%以下になる②全身状態 せき込んで嘔吐し、水分もとれず、おしっこでない ③発熱が4日以上続き、細菌の二次感染が疑われる などです。月齢が低いほど、狭い気管支が痰で詰まって無気肺や肺炎を起こしやすいので、入院になる確率が高いです。通常1歳までに半数2歳までに100%罹患します。初感染では上気道炎を引き起こしますが25~40%が下気道に炎症が波及し、2~3%の乳幼児が重症化し、入院加療を要します。

早産児や、先天性心疾患などのお子さんは、毎年抗体そのもの(シナジス)を筋肉注射しますので、よくご存じでしょう。抗体を体に作らせるワクチンはまだありません。

咳が激しく、飛沫が多く飛びますので、感染対策は非常に難しいです。アルコール消毒は有効です。

入院にならないよう、回数多く1回量少なくミルク、水分(イオン飲料)を与える。離乳食はきつくて食べられません。呼吸状態をよく観察する、喘息性気管支炎に準じた内服治療、吸入、をして、長い経過ですが乗り切りましょう。

RSウイルス Respiratory Syncytial Virus                     パラミクソウイルス属 エンベロープ有する 1本鎖RNAウイルス 潜伏期3~5日 平均4日 発症から1週間、10日間くらいは感染性ウイルスを排泄 接触 飛沫感染

 

保育園園医 小学校校医

4月から、碑文谷保育園の園医と、月光原小学校の学校医を拝命し、さっそく検診業務を開始しました。

小児の医療費無料が当たり前の世の中であり、何らかの基礎疾患のある児はすでにスクリーニングされております。また、日本には世界に誇れる乳幼児検診システムがあり、3,4か月、6,7ヶ月、9,10か月、1歳6か月、3歳と発達のキーポイントとなる月齢で、しっかりスクリーニングされております。

そのうえ、保育園では0歳児は毎月検診を受けるとのこと、、大忙しです。このような中で、園医、学校医の役割はなにか、、しっかり見極め、務めさせていただくからには、お役にたてるよう、発達の相談、保護者の支援、保育者の支援など何でもニーズに応えていきたいと思います。

実は私はずっと、各年代に絶え間のない命の授業、をやりたいと思っていました。離島で専門医不在の中で、不登校や被虐待児の診療をしたことや、児童養護施設とかかわったり、児童相談所の嘱託医をする中で、そう思いました。生命尊重センターhttp://www.seimeisontyou.org/index.htmlの活動も加入はしていますが、なかなか活動ができていません。

保育園児から命の尊さについて学び、小学校高学年からは、性教育も行う。突然の性教育ではなく、命の尊さ、生命誕生の神秘などを就学前から学ぶことで、自尊心も育ち、自分を大切にすることのできる人間が育つ。そうすれば、いじめも、望まぬ妊娠も、児童虐待もない、そんな地域になると思います。地域の皆様とつながりをもち、そういった活動をしていきたいと思います。どなたか、活動なさっている方がいらっしゃったら、お声かけください。

仮設診療所

皆様のご協力のもと、3月18日から仮設診療所での診療を開始しております。仮設とはいえ、1年数か月診療を行う場所です。レントゲン設備も含め、以前の設備はすべて移し、同様の医療が提供できる状態になっています。また、入戸野先生のライフワークである胆汁酸研究所の精密機械もすべて移転し、研究も継続されています。今まで同様、患者様に安心していただける医療を提供してまいります。

今後は、新クリニック建設の進捗状況もこのブログでお伝えしてまいります。また、私の診療経験の多い分野である障害児療育や、発達、子育て相談、命の教育など、ブログでの発信も充実させていきたいと思います。