保育園園医 小学校校医

4月から、碑文谷保育園の園医と、月光原小学校の学校医を拝命し、さっそく検診業務を開始しました。

小児の医療費無料が当たり前の世の中であり、何らかの基礎疾患のある児はすでにスクリーニングされております。また、日本には世界に誇れる乳幼児検診システムがあり、3,4か月、6,7ヶ月、9,10か月、1歳6か月、3歳と発達のキーポイントとなる月齢で、しっかりスクリーニングされております。

そのうえ、保育園では0歳児は毎月検診を受けるとのこと、、大忙しです。このような中で、園医、学校医の役割はなにか、、しっかり見極め、務めさせていただくからには、お役にたてるよう、発達の相談、保護者の支援、保育者の支援など何でもニーズに応えていきたいと思います。

実は私はずっと、各年代に絶え間のない命の授業、をやりたいと思っていました。離島で専門医不在の中で、不登校や被虐待児の診療をしたことや、児童養護施設とかかわったり、児童相談所の嘱託医をする中で、そう思いました。生命尊重センターhttp://www.seimeisontyou.org/index.htmlの活動も加入はしていますが、なかなか活動ができていません。

保育園児から命の尊さについて学び、小学校高学年からは、性教育も行う。突然の性教育ではなく、命の尊さ、生命誕生の神秘などを就学前から学ぶことで、自尊心も育ち、自分を大切にすることのできる人間が育つ。そうすれば、いじめも、望まぬ妊娠も、児童虐待もない、そんな地域になると思います。地域の皆様とつながりをもち、そういった活動をしていきたいと思います。どなたか、活動なさっている方がいらっしゃったら、お声かけください。

仮設診療所

皆様のご協力のもと、3月18日から仮設診療所での診療を開始しております。仮設とはいえ、1年数か月診療を行う場所です。レントゲン設備も含め、以前の設備はすべて移し、同様の医療が提供できる状態になっています。また、入戸野先生のライフワークである胆汁酸研究所の精密機械もすべて移転し、研究も継続されています。今まで同様、患者様に安心していただける医療を提供してまいります。

今後は、新クリニック建設の進捗状況もこのブログでお伝えしてまいります。また、私の診療経験の多い分野である障害児療育や、発達、子育て相談、命の教育など、ブログでの発信も充実させていきたいと思います。

withコロナ時代の小児科診療

こんにちは
子育ては、もはや人生の最難関事業といわれる時代、たくさんの情報に振り回され、育児を楽しめないお母さんがなんと多いことか。みんな、一緒だよ、と声をかけたくなります。(ただ、目黒は、お子さんもお母さんも、精神的にも安定した方々が多いと感じます。)
ネットに様々な情報があふれる中、私にできる事は、診察に来てくださったお子さんの症状、所見を、保護者の方と一緒に、これは大丈夫、これはこうすればいい、この症状にはこの薬、こんな経過が予想される、と、一つ一つ確認していくことしかないのではないかと思います。
いまの保護者の方の最大の関心事はやはり、コロナウイルスでしょうか。
にっとのクリニックでは、検診、予防接種、発達の相談、アレルギーの相談に来られる、感染症以外のお子さんも、また、高齢者の方も、安心して受診していただけるよう、日々考えています。インフルエンザ流行の時期に向けて、ウイルス感染が疑われる発熱や咳のある方と、それ以外の方を、空間も時間もしっかり分け、安心して受診できるよう、対策を講じています。

お母さんの話を聞きなさい

みなさん、こんにちは。にっとのクリニック院長の荻原仁美です。にっとのクリニックのブログへようこそ。

私はちょうど50歳。今迄の人生を振り返って猛省しつつ、診療、育児経験を生かして、少しでも誰かのお役に立てれば、と思っています。

学生時代に手話を学び、人工内耳にあこがれて耳鼻咽喉科医になりました。各科を研修し、3年半、耳鼻科医として過ごしましたが、訳あってとん挫。結婚、出産し、二児の母となりました。障害児療育に携わっていた私を、小児科として再出発するよう後押ししてくださったのは、当時東京小児療育病院(武蔵村山市)の院長でいらっしゃった鈴木康之先生。私は勝手に恩師と呼んでいます。小児科医として再出発の大学医局入局にあたり、鈴木先生に「私は、何をすればよいでしょうか?」とお尋ねしたら、「お母さんの話を聞きなさい」とおっしゃいました。

いまや、二人の子供も成人するほどの月日が流れましたが、私は常に「お母さんの話を聞きなさい」の言葉を胸に刻んで診療しております。何でもお話してくださいね。